アトピー性皮膚炎 /湿疹 /手あれ /にきび /脱毛症 /足白癬 /イボ /水イボ /かぶれ /やけど /乾癬 /蕁麻疹 /帯状疱疹



当院での主な一般診療の治療方法をご紹介します

 アトピー性皮膚炎


患者様の一番の悩みはかゆみだと思います
当医院では、
かゆみ対策が重要と考え治療をしていきます。
掻き続けることにより症状は益々悪化し、皮膚の色素沈着なども目立ち美容的にも良くありません。

  主な治療法

・保湿剤を中心とした外用剤療法。
    (ステロイド剤や免疫抑制剤(プロトピック軟膏)を使用することも有ります。)
     ※当院で処方した独自の合剤も使用します。


・抗アレルギー剤 ・漢方薬を処方。
    (色素沈着などにはビタミン剤を処方します。)

・日常生活時のスキンケアを丁寧に指導します。


 一般皮膚科診療ページに戻る 









 湿 疹


湿疹の種類には以下のようなものがあります。

      手荒れ   脂漏性湿疹   乾燥性湿疹   おむつ皮フ炎
      
      貨幣状湿疹   うっ滞性皮フ炎   自家感作症皮フ炎 
など


湿疹は掻く事により症状が酷くなるため、
かゆみの治療を大切だと考え、治療をしていきます。

  主な治療法

・外用剤療法(保湿剤 ステロイド剤 免疫抑制剤 当院で処方した独自の合剤も使用)

・内服療法 (抗アレルギー剤 漢方薬)
       ※顔の湿疹にはビタミン剤を処方します。

※外用剤は当院独自の合剤も使用します。


 一般皮膚科診療ページに戻る 









 手あれ(主婦湿疹)


肌の表面には、角質層という細胞層があり、その外側を皮脂が覆っています。角質層が適度な水分を保ち皮脂が膜を造り肌の潤いを保っています。
手あれとは、洗剤などに依り、角質層の水分が少なくなり皮脂の分泌が低下(皮フの表面が乾燥したり、割れたりした状態をいいます。)正常肌はバリア機能がしっかり働いているためアレルギーの原因物質や刺激物などが入りにくくなっていますが、手あれは放っておくとバリア機能の低下で外からの異物が入りやすくなります。これがかゆみの原因にもなって手湿疹ができ、さらにひっかくという「悪循環」に陥ります。

 主な治療方法は湿疹の治療と同様です。



一般皮膚科診療ページに戻る 









 ニキビ (尋常性ざ瘡 膿庖性ざ瘡など

にきびは、思春期の男女の顔や前胸部、上背部に発症する、脂腺(しせん)性毛包の炎症性疾患の一種です。特に女性は思春期以後に、いわゆる大人のにきびを発症することもあり、これが長引くことも多く見られます。

  主な治療法

・赤外線治療 赤外線のもつニキビ菌に対する殺菌作用を利用します。

・外用剤療法 抗生剤 アダバレンゲル など
      
・内服治療  各種のビタミン剤
        (VB
 VB VC ビオチン散 など)
         コラーゲン 1日1回1包5g

       重症の場合は抗生剤や抗菌剤を処方します



 
※尚、クーレター状に凹んだニキビ跡にはクールタッチレーザーがコラーゲンを増殖するため
  非常に有効となります。
(当院で治療が出来ます。但し保険外治療となります。)

 一般皮膚科診療ページに戻る 









 脱毛症 (円形 男性型 など)
 
円形脱毛症   …… 原因 自律神経の異常(精神的ストレス)
細胞性免疫異常 など

男性型脱毛症 …… 原因 伝的素因による男性ホルモンの影響で思春期以後に額の生え際や
           頭頂部の髪が薄くなります。


  主な治療法

・特殊な紫外線療法
      A波長紫外線(310nmが中心)が毛根を活性し、頭髪の再生が期待されます。

・液体窒素療法

・漢方薬の内服療法

・血行改善剤やステロイドの外用療法

 ※男性型脱毛症には、プロペシア(保険外)も処方します。但し女性には禁忌です。

 一般皮膚科診療ページに戻る 









 足白癬

水虫の原因は、皮膚が蒸れることによってカビの一種である白癬菌が発生するからです。
予防としては、感染を防ぐため、他の人と同じスリッパ、タオル等を使用しないように気をつけることです。

  主な治療法

・足の紫外線治療法 (紫外線のもつ、カビの一種の白癬菌に対する抗菌作用を利用します。)

・外用剤 (爪の水虫には内服治療)


  ※たんに足が痒くなるからといって水虫とは限りません。足に発症する皮フ病には湿疹、
   皮フ炎、汗疱(かんぽう)、角化症,
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)等が
   あります。これらの症状は水虫の外用薬を使うことによりかえって悪化しますので
   ご自分で判断せず、必ず皮フ科専門医の診察を受けて下さい。


 一般皮膚科診療ページに戻る 









 イ ボ

ウィルスが原因です。放置すれば広がっていきます。
液体チッソ凝固摘出術。
時には漢方薬の内服も処方します。













 一般皮膚科診療ページに戻る 









 水 イ ボ

ウィルスが原因です。放置すれば広がっていきます。
摘出術。
時には漢方薬の内服も処方します。















 一般皮膚科診療ページに戻る 









 か ぶ れ(接触性皮フ炎)


外用薬療法
内服治療
検査 パッチテスト















 一般皮膚科診療ページに戻る 









 やけど


早期に適切な指導をしないと後が残ります。
外用薬療法が中心。














 一般皮膚科診療ページに戻る 









 乾 癬


難治性、慢性の炎症性角化症(白〜銀白色のうろこ状の赤い皮湿疹。)

・外用薬療法:最新の活性ビタミンD3軟膏も処方。

・内服治療  :ビタミン剤  漢方薬。













 一般皮膚科診療ページに戻る 









 蕁 麻 疹



じんましんは全身に膨しん(皮膚の一過性の浮腫)を生じる病気で、膨しんは数時間以内に消え、かゆみが強いことが多いようです。アレルギーが原因のものは急性じんましんに多く慢性じんましんは原因不明のことが多いようです。

  主な治療法

・抗アレルギー剤の内服治療が中心。
・時にはステロイド剤も処方。


  
蕁麻疹の原因血液中からなくなるまで辛抱強く治療を続けることが大切です。









 一般皮膚科診療ページに戻る 









 帯状疱疹


水痘(水ぼうそう)ウィルス活性化によって発症。
この原因は免疫力の低下(体調が悪いなど)が考えられます。
早期治療をしないと神経痛が残ります。

抗ウィルス剤の内服治療。
外用薬療法。











一般皮膚科診療ページに戻る 
  




Copyright © 2012 OODAKAIIN All Right Reserved